日本語教師を目指すなら講座を受けて勉強しよう

女性

日本語を教える教師になる

女の人

日本語教師は、講座を受講するだけでなることも出来ますが資格を取得しておいたほうが就職や転職がしやすいと言えます。日本語や日本の文化も外国人に広めて伝えていくことが出来るやりがいのある仕事が人気となっています。

View Detail

国際化時代に最適の仕事

勉強

日本語教師は国外や国内の日本語学校などで日本語の文法や会話能力等を教える仕事です。対象は日本語を母語としない人たちであるため、単に日本語を知っているというだけではなく専門的な教育メソッドを持っている必要があります。そうした技術は専門学校等の日本語教師養成講座で身につけることができます。

View Detail

学校で専門知識を

男性と女性

条件をクリアするには

日本語教師とは、その名の通り、日本語を教える教師のことを言います。母国語が日本語ではない外国人を対象に、日本語を教えます。日本語教師になるためには、様々な方法があります。特別な国家資格などはありませんが、もちろん専門の知識が必要です。日本語教師として、仕事を探すとなると、その仕事先が決めた採用条件を満たさなければなりません。条件に多いのが、420時間以上の日本語教員養成講座を修了すること、日本語教育検定試験に合格すること、などです。これらの条件をクリアするには、やはり養成講座を受けることが近道です。実習授業に力を入れていたり、パソコンで通信授業が受けられたり、少人数制であったりと、色々な特徴を持つ講座があります。自分に合った講座を見つけることが大切です。

学校の選び方

様々な特徴のある講座の中から、自分に合ったものを選ぶには、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。やはり一番のポイントは、講座の内容が充実しているかどうか、ということです。日本語の発音や歴史などの基礎はもちろん、実践的な授業の進め方の指導なども必要不可欠です。次に、日本語教師として就職できるようにサポートしてくれるかどうかも大きなポイントです。せっかく講座を受けても、働き口がなければ意味がありません。後は、続けられるかどうかというのも大事なポイントです。通いやすい場所であったり、通信で授業を受けられる制度があったり、講座の振り替え制度があったりと、忙しくても続けられる学校を選びましょう。近年では、海外での需要も増えてきているので、ますます活躍の場が広がりそうな職業です。

養成講座を受講する

女性

外国人向けの日本語教師になりたいのなら、スクール形式の養成講座を受けるようにしましょう。試験に合格するためだけの知識だけではなく、実際に外国人に教える方法も学習できますので、就職にもとても有利になります。

View Detail